【舞台は宍粟市】自主制作映画『山間のあかり』の原作本の表紙にイラストが使用されました!

姫路のイラストレーター・Pink Rabbit 緒方ゆみです🐰

この夏も酷暑でしたね(^_^;)

しかも6月ごろから、、、夏が長かった、、、😱

まだ日中は暑い日もありますが、ようやく秋らしい気候になってきましたね😊

秋といえば!

読書を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

そこでおすすめしたいのが『山間のあかり』という小説です。

というのも

ピンクラビットのイラストが表紙に使用されました!!

ありがとうございます!!(*^^*)

 

 

この小説は兵庫県宍粟市を舞台にした自主制作の映画が元となっており、2022年に宍粟市と姫路市で5回上映され、約1,000人が鑑賞したそうです👏

『山間のあかり』の脚本を担当したのは結城務さん。

映画の反響もあり「この映画を本にしてみては?」「読んでみたい!」などのお声があったそうで、自身初となる小説を執筆することになったそうです✨

   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■結城務さんの経歴

姫路市出身の脚本家。

広告代理店・出版社・フリー記者を経て、英賀保にてカルチャー教室を自営。テレビやラジオドラマ、舞台を中心に数十本を執筆。

■『山間のあかり』のあらすじ

「会いたい。何で私を捨てたのか、問いただしたい」

神戸市の高校3年生の板野あかりは両親の死をきっかけに、自分が養女だと知ってショックを受ける。赤ん坊の頃の写真を手掛かりに宍粟市へ行き、実母探しをすることに。いろんな人々の協力を経て実母にたどり着くも、あかりの心は複雑に揺れる。はたして実母を許せるのか。そして、生きることの意味とは何か。宍粟市で暮らす人々との交流も描くハートフルドラマ。

※ 『山間のあかり』の作家とストーリー紹介から一部引用しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   

映画制作では、約200人の出演者やスタッフが関わった作品。

神戸新聞にも4回記事が掲載され、YouTubeでも紹介されています😳✨

■あふれる宍粟への愛、映画『山間のあかり』完成 監督から演者まで住民ら100人超で自主制作

 

そんな大勢の方々で作り上げた映画の原作本となる小説の表紙に、ピンクラビットのイラストを使っていただけるなんてありがたい。。。✨

実はご依頼時にはイラストが採用されるかは決まっておらず、使っていただけると知ったときは嬉しさよりホッとしました。。。✨

私にとっても、イラストが書籍に使われるのは初めて。

絵を続けてきたことがまたひとつカタチになり、そういった意味でもホッとしたのかもしれません(*´`)

 

小説のカバーのそでに“イラスト:緒方ゆみ”と入れていただきました。

 

表紙に使用されたイラストは、主人公あかりを抱っこしたちょっと寂しげな母親の姿を制作しました。※無断使用禁止。

 

原作者であり脚本家の結城さんからご依頼をいただいたのですが、現在は脚本の書き方などを教える側になり、ここ数年は脚本作りから離れていたそうです。

でも昔からのご縁があり映画の脚本作り、そして小説の執筆へ。

「脚本ってそんなにすごくないんですよ、エンドロールに一瞬自分の名前が流れるだけで…(苦笑)」

結城さんとの打ち合わせ時、脚本家の仕事をしていた過去のお話をお伺いしたとき、そこに、どこか虚しさのようなものを感じました。

でも今回、いつかのモヤモヤも晴れるような映画の書籍化。

エンドロールに一瞬だけでなく、手に取ることができる。

カタチなっている。

人生って、おもしろいなぁ(*^^*)

結城さんが長年、積み重ねてきたことの集大成であり始まりでもある作品に関わらせていただけたことや、結城さんの人生から気づきや勇気もいただけたこと、感謝しております☺️

そして

結城務さん

初の書籍化!おめでとうございます!!📗🌸

 

 

『山間のあかり』は2022年9月28日発行(大安吉日&一粒万倍日)

10月上旬から、ジュンク堂や神戸市や宍粟市の書店で販売されるそうです👏

皆さまのお近くの書店にあるかも?

たくさんの方に手に取っていただけますように!✨🙌

また販売情報など進展ありましたら、ピンクラビットのホームページやSNSで発信していますので、ご覧いただけるとうれしいです♪

いつも応援してくださる方、ありがとうございます(*´꒳`*)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします🐰✨

 

2022年9月28日

Pink Rabbit 緒方ゆみ