【舞台は宍粟市】自主制作映画『山間のあかり』の原作本の表紙にイラストが使用されました!

姫路のイラストレーター・Pink Rabbit 緒方ゆみです🐰

この夏も酷暑でしたね(^_^;)

しかも6月ごろから、、、夏が長かった、、、😱

まだ日中は暑い日もありますが、ようやく秋らしい気候になってきましたね😊

秋といえば!

読書を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

そこでおすすめしたいのが『山間のあかり』という小説です。

というのも

ピンクラビットのイラストが表紙に使用されました!!

ありがとうございます!!(*^^*)

 

 

この小説は兵庫県宍粟市を舞台にした自主制作の映画が元となっており、2022年に宍粟市と姫路市で5回上映され、約1,000人が鑑賞したそうです👏

『山間のあかり』の脚本を担当したのは結城務さん。

映画の反響もあり「この映画を本にしてみては?」「読んでみたい!」などのお声があったそうで、自身初となる小説を執筆することになったそうです✨

   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■結城務さんの経歴

姫路市出身の脚本家。

広告代理店・出版社・フリー記者を経て、英賀保にてカルチャー教室を自営。テレビやラジオドラマ、舞台を中心に数十本を執筆。

■『山間のあかり』のあらすじ

「会いたい。何で私を捨てたのか、問いただしたい」

神戸市の高校3年生の板野あかりは両親の死をきっかけに、自分が養女だと知ってショックを受ける。赤ん坊の頃の写真を手掛かりに宍粟市へ行き、実母探しをすることに。いろんな人々の協力を経て実母にたどり着くも、あかりの心は複雑に揺れる。はたして実母を許せるのか。そして、生きることの意味とは何か。宍粟市で暮らす人々との交流も描くハートフルドラマ。

※ 『山間のあかり』の作家とストーリー紹介から一部引用しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   

映画制作では、約200人の出演者やスタッフが関わった作品。

神戸新聞にも4回記事が掲載され、YouTubeでも紹介されています😳✨

■あふれる宍粟への愛、映画『山間のあかり』完成 監督から演者まで住民ら100人超で自主制作

 

そんな大勢の方々で作り上げた映画の原作本となる小説の表紙に、ピンクラビットのイラストを使っていただけるなんてありがたい。。。✨

実はご依頼時にはイラストが採用されるかは決まっておらず、使っていただけると知ったときは嬉しさよりホッとしました。。。✨

私にとっても、イラストが書籍に使われるのは初めて。

絵を続けてきたことがまたひとつカタチになり、そういった意味でもホッとしたのかもしれません(*´`)

 

小説のカバーのそでに“イラスト:緒方ゆみ”と入れていただきました。

 

表紙に使用されたイラストは、主人公あかりを抱っこしたちょっと寂しげな母親の姿を制作しました。※無断使用禁止。

 

原作者であり脚本家の結城さんからご依頼をいただいたのですが、現在は脚本の書き方などを教える側になり、ここ数年は脚本作りから離れていたそうです。

でも昔からのご縁があり映画の脚本作り、そして小説の執筆へ。

「脚本ってそんなにすごくないんですよ、エンドロールに一瞬自分の名前が流れるだけで…(苦笑)」

結城さんとの打ち合わせ時、脚本家の仕事をしていた過去のお話をお伺いしたとき、そこに、どこか虚しさのようなものを感じました。

でも今回、いつかのモヤモヤも晴れるような映画の書籍化。

エンドロールに一瞬だけでなく、手に取ることができる。

カタチなっている。

人生って、おもしろいなぁ(*^^*)

結城さんが長年、積み重ねてきたことの集大成であり始まりでもある作品に関わらせていただけたことや、結城さんの人生から気づきや勇気もいただけたこと、感謝しております☺️

そして

結城務さん

初の書籍化!おめでとうございます!!📗🌸

 

 

『山間のあかり』は2022年9月28日発行(大安吉日&一粒万倍日)

10月上旬から、ジュンク堂や神戸市や宍粟市の書店で販売されるそうです👏

皆さまのお近くの書店にあるかも?

たくさんの方に手に取っていただけますように!✨🙌

また販売情報など進展ありましたら、ピンクラビットのホームページやSNSで発信していますので、ご覧いただけるとうれしいです♪

いつも応援してくださる方、ありがとうございます(*´꒳`*)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします🐰✨

 

2022年9月28日

Pink Rabbit 緒方ゆみ

【ゼロテン2022】初の東京出展!振り返り記事。

姫路のイラストレーター・Pink Rabbit 緒方ゆみです🐰

今回の記事では、ピンクラビット初の県外出展『ZEROTEN 2022-Tokyo-』について振り返りたいと思います😊

 

   

ZEROTEN 2022-Tokyo-の出展概要はこちら。

https://www.t2y.info/tokyo/exhibition01/265.html

開催期間は6/11~6/25の2週間。来場者に好きな作家を4人選んで投票していただいて、投票とお買い上げポイントで順位を決定するアートコンペ形式の展覧会です。

 

投票は会場だけでなくオンラインでも投票でき、日頃応援してくださる方も「投票したよー!」とご連絡いただきました✨

東京に行く予定があり「せっかくなので行ってきます^_^」とご連絡くださった方も…!👏

皆さま本当にありがとうございました!!!!

これまで姫路や周辺地域で似顔絵出店や個展などの活動してきましたが、知らない土地で作品を観てもらうことやアートコンペ形式の展覧会も初めてで思い悩むことも多く。

けれど、気づいたことや足りないことや悔しさであったり…この経験ができたことは、今後の作家活動にとって大きな意味があったのではないかと思っています。

   

 

■作品制作のこと

3月初めにすぐに出展することを決め、SNSではそこに向かって頑張るぞー!なんて意気込んだ投稿をしていました。

が…

作品づくりが全然進まなかったんですよね_(┐「ε:)_

 

・テーマは自由

・F0サイズ()のパネルもしくはキャンパスに1人2点

・新作、もしくは関東未発表の作品を出展

   

その中で、作家それぞれの表現方法で制作する。

さて 🤔私は、どんな作品を、何を届けたいのだろうか🤔

   

ご依頼制作をしつつ、頭のなかでは「どうしよう」というきもちが膨らんでいく、、。

一方で、いまは「創作をする気になれない」「あまり絵を描きたいと思わない」

出展すると決めたのは“表現者でいたいという自分がいるから”なのに、めちゃくちゃ矛盾している自分がいました。

   

東京出展を決めた理由記事はこちら。

https://pinkrabbit-world.com/2022/05/13/

 

5月に入り、ようやく制作に入りました。無理やり、なんとかカタチにしようとしていました。

全国にいる作家さんの作品が東京で展示される。

きっとクオリティが高く、磨いてきた技術、想い、表現、発想。それらが詰まっているいまのベストな作品を皆さん出展されるのだと思うのですが、私はずっと納得のいかないまま「これでいいのだろうか」と作品をつくっていました。

   

人に評価される前に、まずは私が「この絵好き!」「早く誰かに観せたい!」という思いにならないと、人のこころに届けるのは難しいと思うのです。例えば、しょっぱいケーキを作っても「食べてみたい」「おいしい」と思う人は少ないと思います。

制作をしながら、すでに反省モードでした。作品の出来うんぬんよりこの時点で、このメンタルがダメでした。

   

そして、私の“表現者でいたいという自分”の在り方も、もっと地味なものなのではないかと気づきました。

個展や今回のような出展。“見えるカタチの表現者”ではなく、モグラのように“日々描き続ける”ことが必要ではないかと思いました。

漫画家を目指すも似顔絵師として2015年に活動をスタートしてから「技術があっても売れるわけじゃない」と、向上心がなかったわけではないですが、創作に対してそんな気持ちがありました。

そうやって言い訳しながら、絵を続けてきたんじゃないか…と、制作中に気づきました。

   

苦手だと思っていた着色や、まだまだ展示経験も少ないこと、もっと上手くなりたいという欲の無さ。

きっと天職ではない、向いていない。子供の頃のように、純粋に絵が好きだとは言えない。

けれど…

って…!

もう雑念だらけで😇

全くもって作品づくりにワクワクしていない。もやもやして、完成させても意味があるのだろうかと思いました。

でもこの状態で描いた作品も、いまの私だから描けたもの。

挑戦だけで終わるかもしれないけど、しなくて後悔するよりいい。次にいくための過程なのだと思いました。

そうやって意味を持たせただけかもしれませんが、肯定したい。

 

そりゃ情けなくて不甲斐なくて、ちぐはぐな自分だけれど、、(>_<)

   

そんなこころ模様が、そのままカタチになったような作品が完成しました。

   

■作品紹介『解く(ほどく)』『受けとめてあげるよ』

というわけで。。。

どちらも明るい作品ではないのですが

どちらも悩みや迷いに寄り添い、肯定したいという思いを込めました。

 

線画は0.05ミリのペンで

着色は透明水彩絵具で仕上げました。

 

 

○解く(ほどく)

「縛りつけてるのは他人ではなく、いつも自分。心のままに生きたらいいよ」

 

○受けとめてあげるよ

「苦しいきもちも、がんばっていることも、その涙も、きっと肥やしになるから。大丈夫だよ」

 

オリジナルキャラクターのピンクうさぎたちは、これまではiPadでイラストアプリで描いていましたが、手描きの温かみも出てやさしい印象✨

冒頭でも書きましたが『ZEROTEN 2022-Tokyo-』では順位を決める投票だけでなく、4人選んでその際に感想を書いてもらうようになっています。

90人の作家の作品を観て選ぶのは時間もかかるし、正直作家ひとりに票を入れるだけでいいという方も、中にはいらっしゃったのではないかと思いますm(_ _)m

なぜそのようなルールになっているのかは、主催の『GALLERY龍屋』様の「作家を応援したい」という想いがあるからなんです。

今回私は現地に足を運ばず、作品を発送する形で出展させていただきました。

お会いはしませんでしたが、開催前から日々SNSで発信され、準備の様子や開催中の会場の熱を感じることができました。そして、ときどき作家さんたちに対する想いに触れ、全力で応援してくださっているんだなぁと、本当にありがたかったです!m(_ _)m

感想があることで続けてきてよかったと励みになり、糧になるんです✨

   

   

なので、あらためて投票してくださった方、こころよりありがとうございます!!✨✨

感想はどなたが書いたのか分からなくなっています(^^)

16票と、多くはない票でしたが、もしかしてあの方かな?なんて思いながら読む時間は、日頃応援してくださる方を感じられる、うれしい時間でした。

作品は、とある機会に姫路でも原画を観てもらえたらと予定しています😊またあらためてホームページや各SNSでお知らせします♪

そして、今回の経験が無駄にならぬよう活かします🔥

大変長くなりましたが最後まで読んでくださり、ありがとうございます(*´꒳`*)

引き続きよろしくお願いいたします🐰

   

———————————–

 

【イラスト・似顔絵ご依頼受付中】

イラストは、公共機関でも使いやすいようなシンプルな絵も制作しています(制作事例として公式に公開はできないのですが)ピンクラビットの絵柄を気に入っていただき、お任せしていだだけたらうれしいです^ ^お気軽にご相談くださいね。

似顔絵は、手描きはもちろんデジタルも制作しています。手描きは温かみがあるのでお祝いや記念日など、トクベツなギフトにおすすめです。また、デジタルは名刺やSNSのプロフィールに使いやすいです^ ^写真を使うのに抵抗のある方はぜひご検討くださいね。

【インスタグラム】

2つアカウントがあります☺️💦

それぞれ世界観の違うイラストを公開してます!ぜひご覧ください♪

   

・緒方ゆみ Pink Rabbit @pinkrabbit.world

・ピンクうさぎ@pkusagi.world

   

【ご依頼】受付を再開しております。

   

姫路のイラストレーター・Pink Rabbit 緒方ゆみです🐰

6月に東京で開催されたGALLERY龍屋さま主催の『ZEROTEN 2022-Tokyo-』出展に伴い、「ご依頼をお受け致しかねます」という記事を上げておりましたが、再開しております(7月30日現在)

先日ホームページからお問合せをいただき、ご依頼を受けていますか?とのお声をいただくことがありました。

お知らせが遅くなり申し訳ございません。

しかしながら、ご依頼は

○イラスト制作

○似顔絵制作

を優先させていただき、チラシ作成やデザインに関するご依頼は要相談で対応させていただきます。

東京出展での作品の紹介などは、あらためて記事にしますのでご覧いただけるとうれしいです😊

引き続きどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【東京に作品出展を決めた理由】インタビュー形式で書いてみたよ。

姫路のイラストレーターPink Rabbit・緒方ゆみです🐰✨

現在(2022/5/13)は新規ご依頼をお受けしておらず、6月11日から6月25日まで東京のギャラリーで開催予定の『ZEROTEN 2022-Tokyo-』に作品を展示するべく、作品づくりをしています。

   

 

★ ZEROTEN 2022-Tokyo-

https://www.t2y.info/tokyo/exhibition01/265.html

 

出展する条件はざっくりと書くと…

1人2点、決まったサイズの既製パネルもしくは既製キャンバスにテーマ自由の新作または関東未発表の作品を出展することが条件。

90人の作家の作品が展示。来場者に好きな作品を4点選んでもらい、順位を決める。

1番になった人は年末のおっきなアートフェス?に招待されるとか他もろもろ、販売価格、搬入や搬出など、決まりごとあり。

というこんな感じの展示・販売会に出展します🤔

直接東京に行くのではなく、梱包して作品を会場へ配送します。展示は現地スタッフの方々がしてくださいます(ありがとうございます✨)

初めてのことなので作品づくりだけでなく、その他の作業も間違いなく進むのか、無事に展示されるまで落ち着かない…(^-^;

他の作家さんも同じなのかもしれないですね。

というわけで?

インタビュー形式で今回の出展に向け、綴ってみました✍️

   

■なぜ東京のギャラリーに?

たまたまSNSの広告で流れていて知りました。

今年は『姫路以外の場所で作品を出展する』のが目標だったのもあり、タイミングと勢いですぐさま応募しました。

神戸か大阪くらいで…なんてフワッと思っていたのに、まさか東京とは。自分でもびっくりな行動でした笑

東京に作品を出すのは、20代半ばまで漫画家を目指して出版社に投稿や持ち込みをしていたとき以来。

挫折し、またこんなカタチで東京に…感慨深いですし同時に怖くもあります。

やってることは変わりましたが、いまも創作を続けられていることは周囲のおかげ😊

日々助けられてます、、ありがとうございます(>_<)✨

 

   

■なぜ『姫路以外の場所で作品を出展する』を目標にしたのか?

これまで似顔絵絵師として姫路やたつの、明石、さまざまなイベントに出店し、オリジナル作品の展示は姫路市内でグループ展1回、個展3回開催してきました。

展示会に足を運んでくださった方は

日頃応援してくれる友人、家族、SNSやホームページを見て知ってくださった方、DMを置かせて頂いた店舗様で手に取ってくださった方。

多くが、以前から私を見守ってくださる方たちでした。

その方たちにお会いし、顔を見てお礼を伝えられる時間はとてもありがたく、葛藤もありましたが「絵を描いていて良かった」と思わせてもらえるような大切な機会でした✨

反面

「もっと自分の作品を私を知らない人にも観てもらいたい」

   

「自分の作品はまだ知られていない」

   

「他の場所ではどんな反応があるか知りたい」

 

そんな想いもありました。

これからも作家として自分の作品を創っていきたい。

自分の可能性を信じてみたい、という気持ちが『姫路以外の場所で作品を出展する』という目標になったのです。  

 

■目標の根幹にあるのは“表現者で在りたい”とのことのようですが?

もう一つ、今回出展に応募した大きな理由は少し重複しますが「自分の作品を創っていきたい」という想いです。

ありがたいことに、ご依頼でイラストや似顔絵を描いたりチラシを制作することがあります。

お客さまの想いやテーマなどを知り、頂いた資料や打ち合わせ時の会話などからインスピレーションし、お客さまの意向に寄り添えるような、後押しになるような作品づくりを心掛けて制作しています。

それらの作品は確かに私が作ったものではありますが、、

でもそれはお客さまのものであり“Pink Rabbit 緒方ゆみのオリジナル作品とは違う”という感覚があります。

例えるなら…

家族のお弁当を作るように、子供の好みや旦那さんの健康などに配慮しながら作って用意します。

それは家族が食べるものであって、家族のために用意したもの。

味付け、塩加減、茹で具合、食べるタイミングとか。自分が食べるために作るのとは違う。

…みたいな感じ?🤔

うーん、ほかにいい例えが…(ちなみに子供も旦那もいません笑)

ご依頼を通じてさまざまな学びも頂きつつも、創作活動をしたいという想いがあります。

そして

“じぶんのシゴト”を持ち、自分の活動を軸として日々生きてる人はキラキラしているし、正直うらやましい。

なにより、自分を生きている人はカッコいい。

それはアートやクリエイティブなことに関わらず、飲食でもなんでも。

“表現者で在るじぶん”を継続していくために今回チャレンジしています🙌

なので『ZEROTEN 2022-Tokyo-』は順位があるようですが、それは気にせず…と思い応募しましたが、、、、🙄

 

 

■肝心の作品づくりは?どんなテーマで?

新作または関東未発表の作品ということもあり、現在制作中のため詳細内容は控えようと思っていますが

オリジナルキャラクターたちも東京に上陸予定です🐰🐷🐱

テーマは…

縛り

解放

積み重ね

双葉

自分自身

かな?

完成後?開催後?になるのかな、作品のことを綴れたらと思っていますので、またホームページを覗いてくださると嬉しいです(*^^*)

 

■引き続き制作がんばってくださいね!新作楽しみにしてます!←

はい!!!笑

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました☺️

【PR動画】姫路のイラストレーター“Pink Rabbit”の紹介。

昨年の夏ごろ、姫路商工会議所さんから『事業所PR動画制作』の企画にお声掛けをいただき、打ち合わせや撮影を経て1月半ばに完成!✨✨

そして『Pink Rabbit 緒方ゆみ』の紹介動画が、姫路ケーブルテレビで放映されます!!✨✨

祝テレビデビュー🐰✨

姫路商工会議所のYouTubeやFacebookではすでに紹介していただいています😊

 

さすが本格的な機材✨ドキドキとワクワクの撮影体験でした!

 

動画を制作してくださった姫路ケーブルテレビのスタッフの方々

姫路商工会議所の皆様

 

撮影にご協力いただいた

ギャラリーとーく様

コワーキングスペースSHARSE様

cafe MORE様

ゆめだま紅茶様

映り込んでくださった方
   

そして、活動続ける中で出会ってくれたお客様

諦観の意味とともに背中を押してくれた先生

出来ることを増やしたらと言ってくれたアニキみたいな先生

似顔絵を描くきっかけをくれた友人

いつも見守ってくれる家族、友人、仲間

活動を始めるまでに出会ってくれた人たち

おかげさまで作ることができました✨

こころよりありがとうございます╰(*´︶`*)╯♡

日程は以下よりご確認くださいませ♪

どうぞ引き続きよろしくお願いいたします🐰

■姫路ケーブルテレビの「姫路商工会議所ニュース」にて放映

 放映期間  2022年3月1日~3月10日

 放映時間  ① 9:45~10:00

       ②12:45~13:00

       ③22:45~23:00

 チャンネル 地デジ11チャンネル

 番組名  「姫路商工会議所ニュース」

 

■『ひめじココ推し!チャンネル』

 

■姫路商工会議所Facebook

https://www.facebook.com/himeji.cci/